管理栄養士主任 中井様 

 

今のお仕事内容とこのお仕事に就く経緯を教えてください。

現在のメイン業務はクリニックでの栄養カウンセリングを月に約100件、この他医療コラム作成等に従事しています。現職に就く前は、大学院で2年間研究をして修士を取得、その後は療養型病院での臨床栄養などを学びながらも栄養指導に少しずつ触れてきました。学生の頃から、人の『生き方』を共に考えるような仕事、特に対面でのカウンセリングなどの仕事がしたいと考えていました。更に栄養学が今後の未来に必要な楽しい学問であること、また私自身が子供の頃に教師を目指しており、「人に物を教えるのが好き」という性格も手伝い、現在の栄養カウンセリングがメインでのお仕事をしています。食事は毎日のこと…生き方そのもの。これは、現在、毎日この仕事を行う中でより強く実感しています。
また職場以外の場でも、栄養セミナーやお料理教室などを行っています。日頃、食事のことが気になっているけど、疎かにしたり学ぶ機会がない…そんな方々に対し、より健康的な食事や生活を楽しむきっかけづくりとして、自身の勉強も兼ねて行っています。

学生時代の経験で今生かされている事は何ですか。

主に、アルバイト(新発売食品のデモンストレーション販売、家庭教師)及び大学院時代の研究の2点です。
学部時代には、スーパーで食品のデモンストレーション販売のアルバイトをしていました。理由は、「緊張症だから、人前に出る仕事がしたい」「栄養学を学んでいる身として、食品関連の仕事がしたい」「少し栄養アドバイスも出来たらいい」。『多くの世代の人と食を介してコミュニケーションをとる』という点では、現在につながり、生かされていると思います。また院生時代には、家庭教師をして『1人の人と同じ目標を共有して一緒に取り組む、教えてあげる』ことをしてきました。これも現在の仕事に自ずと生きています。
また大学院では、ラットにおける低栄養状態と薬の相互作用について研究してきました。この超高齢社会に多い低栄養患者に貢献するものを、より現場を反映したものを、という思いで研究。いざ現場に出て、新人の身ながらも恐る恐る医師や薬剤師らと議論させて頂きました。
ただし学生時代を振り返ると、人としても社会人としても、もっとやっておけば良かったと思うことの方が多く、より多くの学生さんに、学生時代のうちにたくさんの人に出会い、視野を広げて欲しいと思います。

今の仕事の楽しい事、大変な事、やりがいを教えてください。

栄養カウンセリングの仕事は、自ら選んだ仕事なので、基本的には毎日楽しく行っています。私の方が患者さんから楽しい気持ちを分けて頂くことも多々ありますが、これは「好き」を仕事に出来たからなのだと思います。中でも魅力を感じるのは、カウンセリングの中で、食生活や家族背景の話などから患者さんがそれまで見せたことのないような笑顔や食事を介したエピソードを教えてくれた時。喜びや食事の魅力の大きさを、ひと際感じます。
また中には、カウンセリングの入室段階から、それを完全拒否的な姿勢で来られる方もいます。そのような時も、相手の背景や気持ちを汲み取って一緒に思いを共有し、最終的には笑顔と感謝の言葉で退室して頂くと、「共に」考えることの大切さを再確認します。

これからやりたいことは何ですか。

食空間や食卓から生み出される影響の大きさを生かしたものを、継続的に生きる仕組みにするよう考えていきたいと思っています。毎日食事についてヒヤリングしていく中で、『食空間』の創りだす影響の大きさを、日々感じます。個人の食生活の原点が子供時代に囲んだ食卓に影響していたり、人と人との関係をつくる場として食事が利用されていたり、そこで出来た思い出がその後の人生に影響していたり。食事が毎日のことである以上、それが精神的にも肉体的にもヘルシーなものであったら、より充実した生き方になるに違いありません。そんな食空間から生まれるものが、長期的に継続してよりよいものを生み出していけるような仕組みづくりに、今後はより具体的に、取り組んでいきたいと考えています。

また個人的にも、食・素材の味を楽しむツアーを計画するなどして、自ら健康的な食を楽しむ意識を啓発しています。

最後に栄養士を目指す学生たちにメッセージをください。

「管理栄養士・栄養士としてどうしていきたいか」と考える事も大切ですが、「人間として自分がどのように生きていきたいか」「どんな風にして世の中に貢献していきたいか」などという事を考える事もとても大切だと思います。
私自身が大学院修了の直前に、やっと自分探しを始め、とても悩みました。漠然と「栄養関係の仕事に就くのが当たり前」という気持ちでは考えていたものの、改めて『本当にやりたい仕事』について考えたとき、想像以上に自分のことがわからなくて、辛い経験をしました。だからこそ学生の皆さんには、早いうちからたくさんの大人に出会い、インターンなどでたくさんの仕事に触れ、過去の自分とも向き合いながら、自分探しをして欲しいと思います。

そのうえで胸を張って、みんなの好きな栄養学を、または他の大事なことを、世の中に生かしていって欲しいと思います。

~インタビューを終えて~

 

「人間として自分がどのように生きていきたいか」「どんな風にして世の中に貢献していきたいか」などという事を考えるのもとても大切だよ、と教えてくださる管理栄養士さんはなかなかいらっしゃらないのではないでしょうか。

中居様は常に「仕事」の事だけではなく、社会に生きる一人の人間としてどのような存在であるべきか考えていらっしゃいます。ただ生きるために仕事をしていくのではなく、仕事を通して自らの信念を貫いていこうとする強さに感動致しました。
栄養カウンセリングを受ける方に対して「上から目線」ではなく「同じ目線」で一緒に問題を克服していこうとする中居様のカウンセリング法は、全ての栄養士、管理栄養士に求められているものだと思います。
私も将来管理栄養士としてどの様に仕事をしていくかという事だけではなく、それによってどのように社会に貢献できるのかを常に考えながら、日々努力を重ねていきたいと思います!