代表取締役 浅野まみこ様

  

管理栄養士を目指した理由はなんですか?

もともと食べることが好きで中学生ぐらいのときから食品成分表を見て計算をしたりするぐらい、栄養や食には興味がありましたね。でもそれで管理栄養士を目指した!というよりは、大学を受ける際ずっとやっていた演劇ができる芸術系の大学も考えている中、この世の中、とりあえず手に職をつけたほうがいいだろう~。栄養士かな?とけっこう安易に考えたのがが最初のきっかけです。

会社を設立した理由はなんですか?

管理栄養士になってから、今の会社を興すまで約10年間は集団給食、企業、病院で働きました。 特に栄養指導をやりたかったので、臨床経験は必須だと考えていました。病院では、700床の給食も栄養指導もすべて経験させてもらいましたが、 栄養指導を深めて行くにしたがって もっとカウンセリングを深く追求したいと思い、4年でカウンセリングを専門に行っているの会社に転職をしました。そこでは、電話相談や、大学の先生について糖尿病患者さんへの行動変容を用いたカウンセリングの研究などを行っていました。 約4年間で、行動変容を用いたカウンセリングについてもかなり体系化でき、もっといろんな事業への展開をしたいとも考えましたが、 会社内ではなかなか思うように「栄養士のサービス」を確立させることは難しいものです。だったら、自分でやろう。ということで会社を辞め、フリーの栄養士で「食の楽しさを伝える」というテーマで食育活動やカウンセリングなんかをはじめたんです。その延長で昨年、 会社組織 株式会社エビータにしたわけです。 弊社は、食生活カウンセリングが基本ですが、食や栄養を他のサービスとあわせるコンサルティング事業として、旅行会社、ゲーム会社、 飲食店のコンサルなどをしています。おかげさまでメディアや雑誌等の取材も最近では多く頂くようになりました。

会社を運営することは決して楽ではないと思いますが、会社の方針に従わなければならないよりも、 自分のやりたいことが自分の意思と決断でいつからでも始められるという事が本当に楽しいですし、 会社にただ勤めるだけじゃ絶対に会う事のなかったような人たちとの出会いも沢山ありとても充実した毎日を過ごすことができています。 本当に毎日楽しいですよ。

休みの日は何をしていますか?

バラの花びらが浮かんだバスタブでブランデーをかかげて…嘘です(笑)たいてい飼い犬のミニチュアピンシャーと一緒に過ごしていますね~。よく犬とジョギングに行っていますよ。あと最近はよくドライブに行きますね。あとは温泉に行ったりとか!私は温泉嫌いなんですけどね、熱いから(笑) 温泉ではよく妄想しますね。現実のように妄想する事によって夢って本当に実現しますよ。絶対。リアルに妄想できないときにはリアルに妄想できるような材料を用意しておきます。 雑誌とか切り抜いたりして自分の人生計画っていうか理想とかをちゃんと潜在意識のところに定着させることによって本当にいい方向にモノが進んでいきますからみなさんも是非妄想してくださいね(笑)

座右の銘、モットーはなんですか?

そうですねー…。シンプルですが「とりあえずやる」ですかね。何でも悩んでたらちっとも前に進まないんですよ。なんでも行動しながら考えればいいんですから何でもやっちゃってください。やったもん勝ちです(笑)嫌になったらやめればいいんですから。 失敗してもそれをいつまでも悔やんで悩んで…ではだめですよ。嫌な事、失敗したことも全て経験、知識としてとらえる。そしてとりあえず思った時に行動することが大事ですね。これは転職に対しても言えますね。アクティブにいろいろしたかったら最初の転職は2年以内にするのがいいと思います。とるもの取ったら次に行く!みたいな決して転職を勧めているわけではないですけどね(笑)

食生活で気をつけていることはありますか?

やはり私も仕事や外食によってかなり乱れてしまいますね…。ですがやはり「とにかく楽しく、食べたいものは食べる」というのは徹底してます。 楽しく食べるのは本当に重要ですよね。また過度な食事制限も本当によくないです。 私はいつも厳しく食事制限していらっしゃる方を見て本当にいつももったいないなーと思っています。この世にはたくさんおいしいものがあるのに食べないなんてもったいないですよ。あとは…野菜をたくさんとります。食料品は一週間に一回ぐらい買いに行くのですが買い物かごが1箱ほとんど野菜で埋め尽くされますね(笑)いまはまっているのは、フレッシュの野菜ジュース。朝は、トマトとにんじんとレモンとりんごが定番です。でも野菜は何でもいいんです。ポイントはレモンを入れることですね。レモンを入れるだけでぐっとジュースっぽくなりますよ。 野菜ジュースはお肌にもいいし手軽にとれるのでお勧めです。ですが朝はちゃんとお米もとって下さいね!笑よくセミナーでお話をするのですが、食事は1日3回するとしたら、1年で365回×3=1095回もありますよね。だから毎食すこしずつでも意識するかしないかでカラダって素敵にもなるし、だめにもなりますよ。って。食でカラダは変えられるわけです。

 

栄養士戦隊5レンジャーを始めたきっかけはなんですか?

栄養士ってイメージ的にとてもまじめ~って感じですよね。全体的に勉強家が多いですが、、 真面目に考えすぎて勉強したことをアレンジできない場合も多いなと。 私は楽しくて わくわくするような職種に栄養士をしたいと思っていて。 型にはまった仕事だけじゃなくてもっといろいろな分野と栄養士をコラボしていくような事をやっていきたいと考えています。 栄養士×?!です。もっと楽しくおしゃれに柔軟に。だって栄養士が楽しまなくちゃ栄養士に指導されている人たちも面白くないでしょう? 栄養士戦隊にはさまざまな食に関するお仕事に就いている人がたくさんいます。もちろん学生もいますよ。 食に関するいろんな知識を持った栄養士がお互いに自分の専門分野の知識を伝え合ったら、視野を広くすることができる、それって本当に大事なことですよね。

ゆるく楽しみながらお互いのモチベーションをあげていこう!栄養士の可能性を広げていきましょう!というのが栄養士戦隊を始めたきっかけなんです。

今後の目標などありましたら教えてください。

栄養士は残念ながらまだまだ認められていない部分がありますが、栄養士は人にとっていちばん身近である「食」「健康」を扱う仕事ですから どんなことにも絡めていけます。栄養士の活躍する場所の可能性は無限大なのです。そのためにも「栄養士」の活性化、底上げに力を入れていき栄養士という仕事をもっと多くの人が楽しんでできるようにしていきたいですね。

学生へのメッセージをお願いします。

とにかく今は遊んでください。もちろん勉強はとても大切なものですが学生で得た経験というのは社会に出てから本当に役にたちます。 何事にも積極的に取り組み学生時代を満喫してください。 勉強だけに縛られず今にしかできない事を精一杯楽しんでくださいね! 。

~インタビュー終了後の感想~

浅野さんは向上心が本当におありになって、管理栄養士としても女性としても人間としても本当に魅力的な方でした。 浅野さんの様に積極的に栄養士の可能性を考え、実行しようと考えてくださる方が増えれば栄養士の仕事も一般の方々により身近に、 分かりやすい形で受け止めていただけるのではないでしょうか。 私も浅野さんの様に常に向上心を持ち「栄養の大切さ」を一人でも多くの人に伝えられることができる栄養士になるべくこれから頑張っていこうと思います!