栄養士室主任 落合様

 

はじめに…

今回、インタビューだけでなく化学療法研究所付属病院内の見学もさせていただきました。 化学療法研究所付属病院はとても大きく綺麗な病院でした。 調理室には沢山の患者さんのデータがあらゆるところに記載されていてしっかりと患者さん一人一人の病態に合わせた献立がしっかりと考えられていました。また献立は一カ月ごとに決められていてメニューも沢山の種類があり栄養のバランスも細かくデータ化され、 色々な工夫を施すことによってそのバランスはきちんと正確に守られていました。また患者さんへ容態などを聞いてできる限り献立の変更、調整をテキパキと行っている姿、 沢山のデータをきちんと管理していらっしゃいながらも栄養科の職員の方達とチームワーク良く臨機応変に患者さんにすぐに対応していらっしゃる姿は本当に素晴らしかったです。

今回は「栄養」を指導する側として自分自身を磨く事も決して怠らない化学療法研究所付属病院栄養科主任、落合さんにお話を伺いました。

 


今のお仕事内容とこのお仕事に就く経緯を教えてください。

化学療法研究所付属病院の栄養室で主任として働いています。 主な仕事としては栄養指導、患者さんの栄養評価、栄養室全体の管理などです。 栄養士になろうと思ったのは、料理が好きということから始まり、それを、掘り下げて学びたい、また、職業にしたい、と思ったからです。 栄養士になり、すぐに病院で働いたのは栄養士=病院というイメージが強かったからです。 最初は委託会社に勤め、病院で実務を中心にしていましたが一時期結婚を機に仕事を離れ、数年間ブランクがあった後、 今度は「管理栄養士」にむけて必死に勉強しました。 管理栄養士を取ろうと思ったのは自分のブランクを埋めるための勉強でもあったのですが、 栄養士として仕事に復帰するならば、一段落上の仕事を目指したいと思ったからです。そして今の病院に「実務を重ねた管理栄養士」という形で来て今栄養室の主任も任せていただけるようになりました。

学生時代の経験で今生かされている事はなんですか。

2年生の学校だったので授業が常に忙しく、それに加えバイトも何個もかけもちをしていました。もちろん友人と交流をもつ時間も沢山とっていたので毎日めまぐるしく過ぎていき、「楽しい」と感じている暇がないぐらい充実した忙しい日々を送っていました。 学校では毎日のように沢山の献立作成などの課題がでていたのでその経験が今役に立っているなと感じることはあります。 毎日が充実していたし、その時やりたいと思った事は全部していたつもりなので特にやり残したことはないです。 強いて言うならば、もっと真面目に勉強しておけば良かったと思いますが…。

今の仕事の楽しいこと、大変な事、やりがいを教えてください。

栄養評価をし、計算上の必要量の食事を提供しても、実際は患者さんが摂取できないことは多々あります。その中で、どうすれば、摂取量が必要量に近付けるか考え、患者さん本人とお話をしたり、看護師さん、STさんと相談し、可能なことはしていきます。そして、色々な理由から何も食べることができなかった患者さんが段々と食事を食べてくれるようになっていくのを見るのは本当に嬉しいものです。 患者さんに「おいしい」と言ってもらえるのはもちろん嬉しいのですが食べる事が出来なかった食事を食べる事ができるようになっていく患者さんの経過をみるのが、一番やりがいを感じます。ですが、そこには至らず、病状の悪化などで摂取できなくなっていくこともあります。 患者さんが食事そのものを受け付けなくなってしまい、『食事提供』としてできることがなくなってしまうとやり切れない思いになります。

これからやりたいことは何ですか。

現在、沢山の患者さんの栄養指導をやらせていただいておりますが患者さんにより適切な栄養指導を行っていく上で患者さんの病気について詳しく理解することはとても重要だと思いますので、 食物、栄養についての知識だけではなくこれからは「病気」についても詳しく勉強していきたいと思っています。

最後に学生へのメッセージをお願いします。

就職したら遊べない、と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、 実際は就職してからでもプライベートを充実させる事は十分できます。やりたいと思うことは、いつでもできるので、型にとらわれることなく色々な事にチャレンジしていってください。 学生にとって勉強は必須ですが、私自身が学生の時には、『自分が知り得る栄養士』には必要と感じることができなかったこともあり、 「これって栄養士に必要?」と思う授業なんかも、正直ありました。ですが、今、こうして管理栄養士として働いていく中で、学んできたことに不必要だったことはないと感じています。 今は不必要と感じた事でも、切り捨てていくのではなく、どんどん吸収して自分の力に変えていけると素敵な栄養士さんになれると思いますよ。

~インタビューを終えて~

病院の栄養士さんの仕事はとてもハードだという事が見ているだけでも伝わってきました。しかしだからこそ患者さんの笑顔にやりがいを見出すことができるのではないでしょうか。しかしそんな中でも仕事をテキパキとこなし自分にも他人にも妥協せず色々な事を楽しみながら追及していらっしゃる落合さんに元気をいただきました。 私も落合さんを見習い、自分に妥協せず色々な事にチャレンジしどんどん自分の可能性を広げていきたいと思います。本日は本当にありがとうございました。