月インタビュー】

 手塚 あかね様

  管理栄養士、食品会社勤務

  2011年度N卒業生

 

――――現在のお仕事内容を教えてください。
①食品会社:新商品開発、食材の発注、お弁当の表示シール作成が主な仕事です。商品開発では、お弁当の中身を考える上で、顧客(高齢者層)の嗜好に合わせた商品を開発しています。なかなか、顧客のニーズと栄養バランスを両立させるのは大変です。お弁当は彩りよく、顧客のニーズに合わせて開発するよう心がけています。
②フリーランス:ガンバルあなたのパートナー栄養士あかね(以下『パートナー栄養士』)として、料理教室やパーティー料理、JST.clubと共同でスポーツをしている子供たちの栄養指導などを行っています。※JST.clubとは、多方面からスポーツする子供たちを支援する会社です。
目標を持ちそこに向かって頑張っている人は、みんな輝いていて素敵です。社会人になりたての頃はスポーツ選手の栄養士だけを考えていましたが、最近ではスポーツ選手の枠を超え、何かを本気で達成したいと思っている人のパートナーとして、食・栄養面からサポートできる人になりたいと思っています。


――――スポーツ栄養に興味を持ったきっかけを教えてください。
スポーツ栄養に興味をもったきっかけは、小学生のころ拒食症まではいかないけれど、食が細くて痩せていました。中学で運動部に入部し、食事量が標準的になりました。しかし、高校時代は文化部で以前より動かなくなったにも関わらず、食べる量は以前と変わらず…その結果太ってしまいました。現在より10㎏太っていたと思います。このように、小中高の経験から体と食事の大切さを知って、両方の携われる仕事に就きたいって思うようになりました。あと、トリノオリンピックに選手と同行している栄養士の存在を知って、栄養士にもこんな場所で活躍できるんだ!って知りスポーツ栄養士になりたいと思いました。


――――学生時代にNで得られたことは?
フリーの活動をしているなかで、新しい企画構想や、人との交渉をするなど、Nのみんなでやっていたことが、今は仕事としてやっているという感じがして、すごいつながってるかなって思います。

 
―――憧れの栄養士さんは?
やっぱり…そこは幸代社長(柏原幸代さん)!幸代社長をみて、『栄養士ってこういう活躍の仕方もあるんだ!』と初めて知りました。それまでは、食事指導などをするだけが栄養士だと思っていたのが、会社を作って、周りの人とつながって、いろんな人の活躍する場を作ったりとか…直接栄養士的な仕事をしていないのにすごく輝いている感じがしました。そんな幸代社長を見て、『あ、私のやりたいことやってる!』と思いました。現在のパートナー栄養士の仕事にも参考にさせてもらっています。


――――将来の夢を教えてください。
20代の夢。挑戦とか新しいことは20代が一番始めやすいと思います。なので、20代ではとことんやりたいことに挑戦していって、自分の好きなことを仕事にする。そこで同じ想いを持った仲間と将来的に仕事をして、日々ワクワクしたいです。また、20代後半では、仕事はもちろん家庭も充実させたいなって思っています。結婚して家庭を持ちつつ仕事をしたい。家庭と仕事の比率は変わるけど仕事は絶対続けたいです。子供がいるからこそできる仕事ってあると思います。例えば離乳食の料理セミナーとか!

――――好きな本を教えてください。

 

「夢をかなえる。思いを実現させるための64のアプローチ」 澤穂希

 

この本は尊敬している人からバースデープレゼントとして頂きました。
よくある自己啓発本は書いてあることが一緒で、仕事につなげていく本が多いけれどこちらは違う。成功しているスポーツ選手の言葉に感銘を受けました。「普通の人だって成功すること・夢をかなえることができるよ」という内容が好き。自分の軸がぶれたときに読んでいます。

 

――――おすすめのカフェを教えてください。

お気に入りのカフェは西日暮里にあるシャレースイスミニ

住宅街の真ん中にぽつんとある隠れ家風カフェ!食器もとっても可愛い。このカフェは1階がカフェで2階は英会話教室。私もいずれカフェとセミナー教室をコラボしたサロンを運営したいので、自分の夢と近い感じがします。
カフェめぐりが好きで、隠れ家カフェはネットで検索したり、帰宅路を変えて知らない道を歩きながらたまたま見つけることが多いですね。

  

―――― 一日のスケジュールを教えてください。

睡眠時間は、7時間半がベストで、寝れないと6時間くらい。まっすぐ家に帰る時は自分で夕食を作ります。休日は、大宮で開催される朝活に行っています。朝活の内容は、テーマに沿ったグループワーク。朝活以外は、他職種の方と対談しています。お会いした方に、新たな方を紹介してもらっています。去年4月から12月まででだいだい600人と会ったと思います。人に会い、自分の考えを相手と共有することで、今まで自分になかった価値観や考え方が見つかり、より自分の夢が明確になって行くのを感じました。これは、今後もずーっと続けていきたいことですね。休日の夜は、自由な時間を使って、今後どうしようとか将の夢は何にしようとか、好きなことをとにかく紙に書き出してみたり、マインドマップを作ったりしています。こうして自分と向き合う時間を設けています。

 

 

【インタビューを終えて】

あかねさんは、Nに入った時から憧れの先輩でした。
そんな、憧れの先輩にインタビューできて嬉しくもあり、終始笑が絶えずとても楽しかったです!
インタビューを通して、自分の生活を見直すきっかけにもなりました。
これからも、Nメンバー一同あかねさんを応援しています!
今日はありがとうございました。